プロに撮影してもらったこどもの大切な写真

着物とパジャマ

2016年08月17日 16時28分

娘が5才の七五三。
ネットで色々検索して写真撮影とセットのレンタルの着物で行こうと予約をして準備万端!と気合い充分でした。


ですがお参りの1週間ほど前、知人に当日に着付け、撮影、お参りをこなすのはかなり厳しいと
今思えば素晴らしいアドバイスをもらい、念には念を入れて予約していた着物は後日写真撮影のみしてもらい、
お参りの当日に着る為の着物も別でレンタルして当日を迎えました。


前日に届いた着物を着てルンルンだった娘。当日、私も気合いをいれてヘアセット、
着物を着たのですがその姿を見た娘がなぜか大泣き、大暴れで着物を着てくれず。

時間は迫って遅刻寸前、着物を持ってパジャマ姿の娘を抱えて車に乗り神社に駆け込み待ち合わせしていた祖父に
なんとか娘を説得?!してもらいパジャマの上から着物を着せてお参りしました。


髪の毛はボサボサ、着物の下からは派手なパジャマがちらちら。
私も同じくで。。。当日撮影した写真は本人、祖父母、両親皆顔がぐったりで後から写真を見て笑えました。
凄く準備したつもりで不備は無いと思っていたのにそこでつまづくと思いませんでした。

5才ってしっかりしてきたように思うけどまだまだわからないこともあるなと痛感しました
ドタバタした分、忘れることもなさそうなので娘の子供が生まれたら聞かせてあげたいと思います。
まだまだ先の話ですけどね。